五月会とは

ホーム / 五月会とは

五月会について

本会は、互助と親睦を旨としており、会派屈指の結束力を誇りにしています。

設立
昭和40年5月
平成26年度 代表幹事
笠井直人
南 敦
犬塚 浩
 
平成27年度 代表幹事
犬塚 浩
南 敦
木内昭二
平成28年度 代表幹事
犬塚 浩
南 敦
木内昭二
平成29年度 代表幹事
木内昭二
犬塚 浩
南 敦
園部裕治

五月会の魅力

互助と親睦を旨とする「風通しの良い」会派

プライベートも、仕事のことでも気軽に相談できる環境にあります。
会のメーリングリストや直接メール等によって先輩会員らに実務上の質問をしますと、直接の面識の有無を問わず、同じ五月会の会員ということで、回答や助言が得られます。 利益相反や複数受任等により、先輩や他の会員から仕事の依頼もあります。

研修も充実し、著作の共同執筆もしています

交通事件、労働事件、民暴対策、発声法、顧客開拓セミナー等、弁護士業務・経営の観点からも必要で、ユニークな研修も実施しています。
若手弁護士が主体となって法律書を出版することにも積極的で、その後公演以来があるなど仕事にも直結しています。

イベントも盛りだくさん

親睦を目的としたゴルフやテニスのほか、スポーツ観戦、観劇、海外旅行など、家族や事務局も一緒に参加できる楽しいイベントが目白押しです。

有意な人材を輩出しています

五月会の活動を通じて、会員間で切磋琢磨し、成長を図っていきます。
5年に1度は二弁会長を、副会長も毎年輩出するなど、弁護士の重要な会務を担う才能あるすぐれた人材がたくさん集まっています。

歴史ある会派です

二弁のいわゆる四大会派のうちの1つ、昭和40年に設立され、平成27年5月に創立50周年を迎える伝統ある会派です。

出版物のご紹介

五月会会員の共同執筆による書籍の出版も度々行われています。

困ったときのくらしの法律知識Q&A (改訂増補)
第二東京弁護士会 五月会 くらしの法律研究会 (編著)
  • 定価:本体2,400円+税
  • 発行:2015年11月13日
  • 判型:B5判470頁
  • ISBN:978-4-433-55155-1
Q&A 民法(債権関係)の
改正に関する中間試案
犬塚浩 (編著)
  • 定価:本体4,200円+税
  • 発行:2013年10月15日
  • 判型:A5判402頁
  • ISBN:978-4-324-09750-2
ページトップへ